ミノキシジルとキャピシルの違い

ミノキシジルを超える!キャピシルとは?

毛

 

薄毛の悩みは男女関係なくありますし、薄毛になったら誰でも恥ずかしい思いをしますので、できることなら薄毛になりたくはありません。

 

それに、薄毛は仕事にも悪影響を及ぼす可能性がありますし、印象が悪くなって嫌われてしまう可能性もありますので、すでに薄毛で悩まされている人は改善したいでしょう。

 

その薄毛を改善するときに良いとされているのがミノキシジルという発毛成分で、実際にミノキシジルを含む発毛剤を使用した多くの人は薄毛を改善しています。

 

そんな結果を残しているミノキシジルを超えると言われているのがキャピシルという有効成分です。

 

このキャピシルとはカナダの化粧品メーカーである「LUCAS MEYER社」が開発した有効成分とされており、成長因子であるアセチルテトラペプチド-3と植物エキスであるアカツメクサ花エキス由来のビオカニンAの2つの成分を主成分としています。

 

アカツメクサ花エキスに含まれるビオカニンAは育毛効果があるとされるフラボノイドの一種でジヒドロテストステロンを作り出す還元酵素を抑制する作用があり、アセチルテトラペプチド-3は4種類のアミノ酸で形成されていて毛髪を生成させる作用が期待できます。

 

このような成分のキャピシルですが、そのキャピシルが3%以上含まれている場合のみ原料メーカーから認証エンブレムが付与されるという厳格な基準が設けられています。

 

 

キャピシルの効果

 

薄毛で悩んでいる人は自力で改善することは困難ですので育毛剤や発毛剤を使用したり育毛シャンプーなどで毎日ケアしているのではないでしょうか。

 

そうした薄毛の改善を試みている人はキャピシルという成分をご存知でしょうか?

 

キャピシルはアセチルテトラペプチド-3という成長因子とアカツメクサ花エキス由来のビオカニンAという成分が主成分となっており、抜け毛を予防する効果と毛母細胞を活性化させる効果が期待できます。

 

抜け毛を予防できるのは男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させる還元酵素を抑制することができるからです。

 

また、毛母細胞を活性化させることによって髪本来が持つ生えてくる力を高める効果が期待できます。

 

このようなことからも分かるようにキャピシルは脱毛を抑えつつ育毛環境を著しく向上させる作用がありますので多くの人に注目されている成分なのです。

 

特に海外では人気を集めて多くの人に使用されていますので、これからは日本でも人気が出ると考えられます。

 

 

ミノキシジルの効果

 

ミノキシジルは薄毛や抜け毛などで悩む人に広く知られていますし、実際にミノキシジルを含んだ発毛剤を使用して効果を実感している人も多くいます。

 

では、ミノキシジルにはどのような効果があるのでしょうか?

 

ミノキシジルの効果は全身の血流を良くして毛乳頭にしっかり栄養分を行き届かせることができ、それによって毛母細胞を活性化させて健康な髪への成長へとつなげてくれます。

 

また、ミノキシジルは毛母細胞周辺の血流を良くすることができ、それによって毛母細胞の分裂を早くして薄毛を改善する効果が得られます。

 

それと、発毛剤と聞けば髪の毛を増やして薄毛を改善するというイメージがありますが、ミノキシジルはただ単に髪の毛を増やしたり伸ばしたりさせるだけではなく、太く強い髪に成長させることができます。

 

だから、ミノキシジルを使用して生えてきた髪は抜けにくいですしハリやコシがありますので、薄毛で良くみられるペシャンコでボリュームがない髪になることはありません。

 

このようなミノキシジルの効果は早い人で1か月くらいで感じられますが、長く続ければ続けるほど効果を実感しやすくなりますので、ミノキシジルを配合した発毛剤を使用するときは長く使用し続けると良いでしょう。

 

 

キャピシルの副作用と危険性

 

人間として生きている以上は男女関係なく薄毛の悩みを抱く可能性があります。

 

自分は大丈夫と思っていても絶対薄毛にならないということはありませんので、念のために薄毛の改善方法や原因を知っておいた方が良いでしょう。

 

その薄毛の改善方法の一つにキャピシルを配合した育毛剤などを使用するという方法があります。

 

ここで気になることの一つにキャピシルの副作用や危険性が挙げられます。

 

キャピシルの副作用は初期脱毛や痒み、かぶれなどがあり、一般的には医薬部外品となっていますので危険性はほとんどないと言われています。

 

初期脱毛はヘアサイクルを正しくリセットするときの初期に脱毛してしまう副作用で、使用する前に抜けていた量より多く抜けてしまう可能性もあります。

 

痒みやかぶれは頭皮に起こる副作用で、酷くなると炎症を起こして頭皮環境を悪化させることもあります。

 

特に痒みが出た時に頭皮を掻きむしると頭皮環境を悪化させるだけではなく抜け毛も増やしてしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

天然由来成分を使用しているキャピシルですが、全く副作用の症状があらわれないわけではありませんので、キャピシルを配合している育毛剤などの使用を考えている人は気を付けておきましょう。

 

 

キャピシルをおすすめできない理由

 

最近、よく聞くようになった成分の一つにキャピシルが挙げられます。

 

このキャピシルはアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキス由来のビオカニンAなどが含まれていますので話題になっています。

 

しかし、キャピシルはあまりおすすめすることができません。

 

おすすめできない理由は多々あり、まず公表されているデータが自社データですので全幅の信頼がおけませんし、医薬部外品のキャピシルが医薬品のミノキシジルの3倍も効果があるとは考えられません。

 

また、公表されているデータは実際に頭皮に塗布して調査したものではなく、細胞を採取して培養させたものを使用していますので疑問を抱きます。

 

それと、キャピシルを配合した育毛剤のほとんどは1万円を超えるという価格設定がありますのでおすすめすることができません。

 

そして、驚くことにキャピシル配合の育毛剤は化粧品ということです。

 

キャピシルは厚生労働省に認められた育毛剤ではなく、ただの化粧品に分類されますので使用する価値はないと考えられます。

人気No1↓おすすめ育毛剤