フィナステリドの効果

発毛成分フィナステリドとプロペシア・・・どちらが効果的?

髪

 

薄毛になってしまうのは生活習慣の乱れや遺伝、食生活の乱れや頭皮ケア不足など、様々な原因によってなってしまうことがあります。

 

隠すのも面倒ですし、隠さなければ恥ずかしいので薄毛は何一つ良いことがありません。

 

しかし、薄毛になったからといって諦めてはいけません。

 

今現在、日本では薄毛治療が進化し続けており、様々な発毛成分によって薄毛を改善している人がたくさんいるのです。

 

その発毛成分にフィナステリドというものがありますが、プロペシアというものも聴いたことがあるのではないでしょうか?

 

この2つを比べてどちらが効果的なの?と考えてしまう人や疑問に思う人もいるでしょう。

 

実はフィナステリドはプロペシアに含まれている発毛成分ですので、どちらが効果的ということはありません。

 

プロペシアが薄毛治療薬でそこに含まれるのがフィナステリドということになりますので、基本的な効果はどちらも同じと考えても良いでしょう。

 

このようなことからも分かるようにフィナステリドは発毛成分でプロペシアはフィナステリドを主成分とする商品名になりますが、どちらも薄毛に効果的と言えますので薄毛で悩んでいる人の強い味方になってくれるでしょう。

 

 

フィナステリドとは?

 

薄毛に関わる単語はたくさんありますが、その中の一つにフィナステリドという発毛成分があるのをご存知でしょうか?

 

このフィナステリドはホルモンの働きを阻害する抗アンドロゲン薬の一つで、元々は前立腺肥大症や前立腺がんの治療に用いられていました。

 

その時に発毛効果があると確認されて薄毛の治療で用いられるようになりました。

 

特に頭髪に発毛効果がよくみられたので薄毛や抜け毛の治療薬と用いられるようになり、その後、日本でも認可されてプロペシアという商品名で発売されるようになったのです。

 

また、フィナステリドを使用した人の中には髪が増える人も多くおり、日本国内の臨床試験では3年間の使用で約78%の人が髪が増えたというデータがあります。

 

それに、髪が増えるだけでなく太くてコシのある髪が生えてくるようになり、頭頂部以外の生え際や前髪にも効果があるとされています。

 

このようなフィナステリドは使用することによって薄毛改善の効果があるとされていますので、薄毛を改善しようと考えている人は使用してみる価値は十分にあるから試してみると良いでしょう。

 

 

プロペシアとは?

 

薄毛で悩んでいる人はプロペシアという言葉を1度は聞いたり見たりしたことがあるでしょう。

 

それくらい有名で多くの人に知られているのですが、どのような治療薬でどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。

 

プロペシアとは米国医薬品メーカーのメルク社が開発した世界初となる飲む育毛剤となっており、薄毛の原因となる還元酵素を抑制する効果があります。

 

ホルモンのテストステロンは還元酵素によってジヒドロテストステロンというホルモンに変換され、そのジヒドロテストステロンが生成されてしまうと薄毛になりやすくなります。

 

しかし、プロペシアは還元酵素を阻害してジヒドロテストステロンの生成までも抑制する効果がありますので効率よく薄毛を改善することができますし、太くて長い髪に成長させることが可能となるのです。

 

また、これだけ効果があるプロペシアですが、稀に副作用の症状があらわれることもあります。

 

その副作用とは下痢、腹痛、頭痛、機能障害、鬱症状、胸の肥大などとされており、女性には関係ありませんが勃起不全、射精障害、精子減少、性欲減退などの症状があらわれることもあります。

 

こうした副作用がありますが、重篤なことは報告されていませんし症状があらわれない人もいますので安心して薄毛治療に専念できる治療薬と言えるでしょう。

 

 

フィナステリドを効果的に使う方法と値段

 

フィナステリドを服用しようと考えている人は効果的に使う方法をご存知でしょうか?

 

効果的に使う方法で服用することによって、より効果を得やすくなりますので試してみると良いでしょう。

 

その効果的に使う方法とは、まず毎日同じ時間に長期間にわたって服用し続けることです。

 

内服薬は体内の血中濃度によって効き目が変わってきますので定期的に服用し続けて同じ血中濃度を保ち続けることが重要となるからです。

 

また、服用するタイミングは朝食後が最も効果的と言えます。

 

昼食後や夕食後でも良いのですが、朝食は自宅で食べることが多いので飲み忘れがありませんし、朝から飲酒していることはないと考えられますので効き目は十分にあると言えます。

 

それと、錠剤は割らずにそのまま服用すると良いでしょう。

 

飲みにくいからと言って割ってしまうと有効成分が手などに付着して十分な効果が得られなくなる可能性があるからです。

 

そして、最も効果的に使う方法として注目されているのがミノキシジルとの併用です。

 

ミノキシジルは血管を拡張させて血行を良くする作用がありますので、発毛成分のフィナステリドを効果的に行き届かせることができます。

 

それと、当たり前のことですが、決められた用量と用法で服用するようにし、水や白湯で飲むのが理想的なの味方です。

 

お茶や清涼飲料水などは成分によって化学反応を起こし、フィナステリドが持つ本来の効果が得にくくなるからです。

 

フィナステリドの値段はプロペシアの場合は約6,000〜7,000円程度で、利用するクリニックによっては初回のみ4,000円くらいになることがあります。

 

 

フィナステリドの副作用と危険性

 

発毛成分であるフィナステリドを服用するときに気になるのが副作用と危険性です。

 

主な副作用は肝機能障害や倦怠感、精力減退や頭痛、精神疾患などです。

 

こうした副作用の症状があらわれることは稀ですし、仮にあらわれたとしてもすぐに服用を中止すれば問題ありません。

 

それでも気になる場合は医師に相談すると良いでしょう。

 

危険性は妊娠している人が服用すると胎児が男の子の場合に限って生殖器が異常な形に変化してしまう危険性があります。

 

健康な人が決められた用法や用量で服用する分には何も問題ありませんので、安心して薄毛の治療に専念することができます。

 

薄毛で悩んでいる人は発毛成分であるフィナステリドを服用して薄毛を改善してみてはいかがでしょうか。

人気No1↓おすすめ育毛剤