分け目が薄い

分け目が薄い女性、その原因は?

分け目が薄くなる

 

年齢を追うごとに、どんどん髪の毛の分け目は薄くなっていきます。
これは、男性だけではなく女性も同じです。

 

髪の毛が薄くなるというと男性のイメージが強いですが、女性でも髪の毛が薄くなり分け目もどんどん見える範囲が広くなることは大いにあり得ることなのです。

 

これにはさまざまな原因があります。

 

たとえば過度のダイエットです。

 

ダイエットにはさまざまな種類がありますが、食事制限や断食等は、極端に食事量を減らす過度なダイエットに分類されるでしょう。

 

これらのダイエットをすると、栄養が不十分になり髪の毛にまで養分を送ることができなくなってしまいます。

 

人は栄養を補給すると優先的に臓器に送られます。
余った栄養で、髪の毛や肌に補われているのです。

 

活きる上で優先順位の低い髪の毛は、後回しにされてしまうのでしょう。

 

そのため食事量が極端に減り栄養量が足りなくなってしまうと、髪の毛が栄養不足で薄くなってしまうのです。

 

また、体温が低下し血流も悪化するので、髪の毛に栄養を送ることができなくなる場合もあります。

 

 

ストレスが溜まっていても、いけません。

 

ストレスがたまると、自律神経が崩れてしまいます。
このせいで、頭皮の血行が悪化してしまうのです。

 

このせいで、頭皮に栄養を送ることができなくなってしまうのでしょう。

 

また、ストレスを改善する為には亜鉛が必要だといわれています。
髪の毛を作る上でも重要な亜鉛がストレスのせいで大量消費されてしまい、健康的な髪の毛を作れなくなってしまうのでしょう。

 

 

睡眠を摂ることはとても大切です。

 

外部からダメージを受けたり、髪の毛を成長させるためには睡眠は不可欠です。

 

忙しくて睡眠時間が減っていたり徹夜続きだと、どんどん抜け毛が増え、頭皮の分け目も薄くなってしまうのではないでしょうか。

 

 

女性で多いのが、スタイリングや髪型による薄毛です。

 

髪の毛を結ぶヘアスタイルは、頭皮に大きな負担が掛かっています。

 

頭皮を引っ張ると、それだけ髪の毛も抜けやすくなってしまうでしょう。

 

頻繁に同じヘアスタイルでいると、どんどん頭皮への負担が増えて分け目も目立ってしまう可能性があります。

 

パーマを頻繁に行ったり、ワックスやスプレーを使いすぎても同じです。

 

どちらも頭皮に大きな負担がかかるので、分け目も目立つ様になるのでしょう。

 

 

これらの理由を見ると、年齢問わず頭皮の分け目が広がるというのがわかりますよね。

 

20代でも、頭皮環境を気にせずに生活をしているとどんどん分け目が広がってしまうかも知れないのです。

 

 

分け目を変えるのは有効?

 

いつも同じ分け目で生活をしていると、どんどん分け目は広まってしまうでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、分け目を変える事です。

 

分け目を常に同じ分け目だと、同じ部分にだけ負担が掛かってしまいます。

 

頭皮の紫外線を浴びやすいのも、ヘアアレンジ用の液剤等が付着するのも、同じ部分となってしまうでしょう。

 

これを変えることで、一時的ではありますが頭皮への一部の負担を減らすことができるのです。

 

髪型を変えるのも、同じ効果を得られるでしょう。

 

いつも同じ位置に結ばずに、定期的に結ぶ位置を変えたり、向きを変えてみることで頭皮の負担を減らすことができます。

 

もちろん髪の毛を短くすることも良いでしょう。

 

髪の毛は長ければ長い程頭皮に負担が掛かってしまいますし、綺麗に伸ばすには手間もかかってしまいます。

 

髪の毛をカットすることで頭皮への負担も減りますし、分け目も改善しやすいのではないでしょうか。

 

 

しかし、分け目を変えることは一時的な対処にしか過ぎません。

 

分け目を変えると、変えた分け目部分からまた薄毛が進行して行きます。

 

やはり、分け目薄毛を改善する為には、根本的な解決が必要なのではないでしょうか。

 

 

白髪染めが原因の場合も多い

 

年配女性で多い薄毛の原因が、白髪染めです。

 

薄毛と白髪は同時に起こらないといわれていますが、そんなことはありません。

 

むしろ、髪の毛に負担のかかる白髪染めを頻繁に使っていると、どんどん薄毛が悪化してしまう可能性があるのです。

 

白髪染めは髪の毛に大きな負担をかけています。

 

明るくカラーリングをするよりも、黒く染める方が頭皮への負担は大きいでしょう。

 

特に白髪染めは、毛先等ではなく生え際を中心に使いますよね。
このせいで頭皮に白髪染めの液剤が付きやすくなり、頭皮が傷みやすい状態となってしまうのです。

 

美容室で染めれば、極力頭皮に白髪染めが付着しないようにしてくれますし、髪の毛が傷まないように液剤を調合してくれるでしょう。

 

しかし自宅で白髪染めを使うと、通常よりも極力な白髪染めで染めることになるのでより頭皮への負担がかかってしまうでしょう。

 

頭皮への負担が増えると分け目が目立つだけではなく、白髪も増えやすい状態となってしまいます。

 

分け目を目立たなくする為にも、頭皮への負担を減らす為にも、極力髪の毛に優しい白髪染めを使うことをおすすめします。

 

頭皮に優しい白髪染めであれば、薄毛が悪化する事も防いでくれるでしょう。

人気No1↓おすすめ育毛剤