薬用育毛剤

薬用育毛剤の薬用って何?

育毛剤 薬用

 

育毛剤には「薬用」どの記載がある商品が多いでしょう。

 

他にも「医薬部外品」や「化粧品」との記載があります。

 

育毛剤は、薬事法により医薬品・医薬部外品・化粧品のどれかに分類する決まりがあります。
それぞれどんな違いがあるのでしょうか?

 

 

薬用の育毛剤は、病気の治療を目的とした「薬」として販売されている育毛剤です。

 

有効成分の効果が認められた配合されているので、他の育毛剤に比べると高い効果を実感しやすいでしょう。

 

薬用育毛剤は、医師が処方している薬として販売されている場合もあれば、ドラッグストアや通信販売で個人的に購入をする事が出来る商品もあります。

 

そのため、より高い効果を実感したいのであれば、「薬用」育毛剤をおすすめします。

 

 

医薬部外品は、厚生労働省が許可した効果が有効な成分を一定の濃度で配合しています。

 

そのため商品説明に「薄毛改善効果」「皮脂抑制効果」などの効果を記載することが可能です。

 

薬程ではありませんが、高い効果を実感しやすいでしょう。

 

 

化粧品に分類されている育毛剤は、頭皮を清潔にしたり、保湿をしたりと曖昧な効果しか記載されていません。

 

効能や効果があくまで緩和なものしか記載されていないのです。

 

医薬品や医薬部外品よりは効果は低いものがほとんどでしょう。

人気No1↓おすすめ育毛剤