育毛剤の副作用

育毛剤に副作用はあるか?

育毛剤で怖いのが、副作用ですよね。

 

頭皮に直接付けるものなので、副作用があれば薄毛が悪化してしまう可能性があります。

 

副作用が出やすいと言われている成分といえば「ミノキシジル」でしょう。

 

ミノキシジルは、確かに高い育毛効果のある成分です。
しかし人によっては頭皮の痒み、頭痛や動機、息切れ、手足のしびれを感じる場合があるといわれています。

 

そのためミノキシジルが配合された育毛剤を使うときは注意が必要です。

 

次に、「フィナステリド」です。

 

こちらは胃の不快感やED、性欲低下などの副作用が発見されています。

 

特にフィナステリドは妊娠中の女性は絶対に使ってはいけない成分です。
フィナステリドに触れるだけで、胎児に悪影響だともいわれている程です。

 

しかし、どちらの成分も「女性用育毛剤」には配合されていないので、安心をして下さい。

 

逆にいうと、男女兼用の育毛剤には注意が必要というkとです。

 

 

女性用育毛剤でも、副作用が生じる商品があるといわれています。

 

たとえば、女性ホルモンに作用して薄毛を改善する育毛剤はホルモンバランスが不安定になるせいで体調不良や生理不順、イライラやストレスを感じてしまう場合があるといわれています。

 

他にも、医薬品に分類される育毛剤には効果の高い成分が配合されている反面、副作用が生じやすいようです。

 

基本的に、女性用育毛剤には強い薬があまり使われていないので、そこまで副作用の心配はないでしょう。

 

もし不安なな場合は、成分をしっかりと確認し、副作用がないか調べた上で育毛剤を購入して下さい。

 

 

育毛剤の使用上の注意点

 

育毛剤は確かに薄毛改善に効果的です。

 

しかし、効果の高い育毛剤を使うときは注意が必要です。
人によってはアレルギー症状が出たり、ホルモンバランスが乱れて薄毛が悪化してしまう可能性もあります。

 

育毛剤にはさまざまな成分が含まれています。
成分の中には、人によってアレルギーと感じるものもあるでしょう。

 

育毛剤を使った時のアレルギー症状で多いのが、赤みやかゆみ、刺激を感じたり発疹が出たりなどの皮膚疾患症状です。

 

育毛剤の多くは皮膚に直接付着させるものがほとんどなので、仕方がないでしょう。

 

逆に内服タイプの育毛剤でこれらのアレルギー症状が出る可能性は低いですが、服用タイプ単品使用では十分な効果を実感することができません。

 

そのため、育毛剤を使うときは必ず最初にパッチテストを行いましょう。

 

パッチテストを行うことで、自分にアレルギーが出る成分が含まれていないかどうかを判断することができます。

 

アレルギーのせいで頭皮環境が更に悪化してしまっては、薄毛改善をすするどころか薄毛が悪化してしまうでしょう。

 

 

ホルモンバランスに注目

 

次にホルモンバランスです。

 

薄毛の原因は、女性ホルモンの減少の場合もあります。
そのため育毛剤にはホルモンバランスを安定化させる成分が配合されている場合も多いでしょう。

 

しかしホルモンに作用する育毛剤は、ホルモンバランスが乱れてしまう可能性もあるのです。

 

特に女性ホルモンの過剰摂取はいけません。
女性ホルモンが増えすぎると、生理痛が悪化したり、生理不順が起きたり、腹痛や頭痛などさまざまな症状が起きる可能性があります。

 

ホルモンに作用する育毛剤を使うときは、ホルモン量に気を付けて使って下さい。

人気No1↓おすすめ育毛剤