抗がん剤の副作用による抜け毛

抗がん剤治療での脱毛・・・できるだけ早く発毛させるには?

抗がん剤

 

抗がん剤を使用すると必ずと言って良いほど髪の毛が抜けてしまいます。

 

抜け方や量などは抗がん剤の回数やその人の体質などでも変わる場合がありますが、やはり髪の毛が抜けてしまうのは精神的には大きなダメージとなります。

 

ですが治療が終わればこちらも個人差はありますが髪の毛が再び生えてくるという方が大半です。

 

ただ生えてくるまでの期間も長いため、なかなかウィッグが手放せないという女性も少なくはないでしょう。

 

また長くかかってしまうという方も少なくはありません。

 

髪の毛が生えてくるサイクルなども影響されるので、成長するまでに時間がかかる方もいるのです。

 

この長い期間をできるだけ早く発毛させるためには、まずは抗がん剤の治療を終えることが先決です。

 

そして脱毛してしまった部分からなかなか髪の毛が生えてこないというときは、もしかしたら髪の成長が止まる休止期となっている可能性も考えられます。

 

髪の毛が休止期に入っている場合には刺激して起こしてあげるという方法もあります。

 

起こしてあげるにはまず頭皮マッサージなどが一番良い方法となるでしょう。

 

また治療後であれば医師にも相談した方が良いのですが、育毛剤などの使用も効果が期待できるでしょう。

 

まずは焦らず脱毛してしまってもいつかは生えてくるという気持ちを持って、抗がん剤の治療が終わったらこれらの方法も試してみましょう。

 

 

抗がん剤で髪が抜ける理由

 

抗がん剤を使用することで体には様々な影響が引き起こされます。

 

体調の不具合はもちろんですが脱毛もよく知られている影響です。

 

よく知られている抗がん剤による脱毛ですが、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか。

 

まず一番の原因は抗がん剤の働きによるものが大きな原因となるのです。

 

抗がん剤は細胞の増殖を抑える働きを持ちます。

 

そのため髪の毛を育毛する毛母細胞までが影響を受けてしまうため、髪の毛が成長できずそのまま数週間後には脱毛してしまうのです。

 

細胞の働きを抑制ということは毛母細胞自身が活動できなくなってしまうということです。

 

そのため脱毛してしまうという仕組みなのです。

 

抗がん剤といえば直接ガンに働きかけるようなイメージを持つ方も少なくはないでしょう。

 

ですが実際はがん細胞の増殖を抑えるために行うものなので、すべての細胞の働き影響が出てしまうということなのです。

 

ただ抗がん剤の治療中には毛母細胞に影響が出てしまいますが、治療が終われば徐々に回復に向かいます。

 

個人差はありますが時間もかかるので粘りつよく待つしかありません。

 

また生えてきたからといって元の髪質のままになるとは限りません。

 

ですが髪の毛が生えてくるという可能性も希望も捨てる必要はないのです、

 

その期間はウィッグなどを使用するなどして工夫しつつ髪の毛が生えてくるのを待ちましょう。

 

 

抗がん剤の効果と脱毛以外の副作用

 

ガンになると抗がん剤を使用した治療が行われる場合があります。

 

その抗がん剤にはどのようの効果が期待でき、どのような副作用があるのでしょうか。

 

抗がん剤はがん細胞の増殖を抑えるために、細胞の働きを抑制させる作用があります。

 

この作用によりがん細胞が収縮や消失する効果が期待できるのです。

 

ですが抑制作用がとても強いため、あらゆる細胞の働きが抑制されてしまうのです。

 

それにより引き起こされる副作用もたくさんあります。

 

あらゆる細胞の働きが抑えられるということは、細胞分裂や増殖が抑えられてしまいます。

 

そのため造血細胞の働きが十分に行われなくなってしまい、赤血球・白血球・血小板などが作られなくなってしまうのです。

 

この影響により感染症を引き起こした場合には重症化する恐れなどがあります。

 

他にも出血が止まりにくくなってしまったり重度の貧血などを引き起こしてしまう場合もあるのです。

 

また吐き気なども代表的な副作用と言えます。

 

ただ抗がん剤の種類や個人差によっても違う場合があり、すべての人や抗がん剤に言えるということではありませんので注意しましょう。

 

抗がん剤を使用するということは大きなリスクも伴います。

 

ですががん細胞を増殖させないためにもとても大切な治療法とも言えるのです。

 

脱毛や他の副作用も治療後には改善されるので、まずは命を優先して抗がん剤治療に取り組むことが大切です。

 

 

抜けた髪はいつ生える?

 

抗がん剤の副作用でも代表的なものが髪の毛の脱毛です。

 

これは抗がん剤ががん細胞の増殖を抑制させるための働きで、この作用が他の細胞にも働きかけてしまうため発毛させるための細胞までが増殖できなくなってしまうからです。

 

ですが抗がん剤の治療を終えれば髪の毛を作る毛母細胞も回復してくるのです。

 

ただ抗がん剤治療を終えてから生えてくるまでにかかる時間は、個人差もありますがそこまで早くはありません。

 

大半の人が大体ですが細胞の再生が大体1ヶ月から2ヶ月と言われています。

 

またそこから髪が生えてくるまでには3ヶ月から半年かかると言われているのです。

 

早い人では2ヶ月で生えてくるとも言われていますが、半年経ってもあまり変化が見られない人もおり、1年かかってしまうという人もいるのです。

 

髪の毛の細胞の回復からも個人差が影響してくる可能性もありますし、髪の毛が伸びるスピードも人それぞれです。

 

ただ目安としては1年ほどでベリーショートほどには伸びていると言われています。

 

髪の毛の成長期や休止期などのタイミングでも個人差が出てくるので、気長に待つ必要が出てくるでしょう。

 

元に戻るまでの間はカツラや帽子、バンダナなどを使用しながら気長に待てるようにしましょう。

 

 

体に優しい頭皮ケア

 

髪の毛の成長に欠かせないケアといえば、頭皮のケアです。

 

頭皮は自分が思っている以上に痛みやすく傷つきやすいものです。

 

ただきちんと優しくケアしてあげることで、美しいツヤのある髪の毛になったり脱毛の予防につながる可能性もあるのです。

 

頭皮の健康が損なわれることでストレスになったりする場合もあるので、体にも優しい頭皮ケアを行いましょう。

 

頭皮ケアに必要なのはまず刺激のないシャンプーやコンディショナー選びです。

 

刺激が強いとかゆみやフケの原因となってしまうため、ストレスになる可能性もあります。

 

そして頭皮マッサージも重要なケアのうちの一つです。

 

頭皮マッサージにより頭皮の血行が促進されれば、脱毛の予防や髪の発育が促進される効果が期待できるようになります。

 

またマッサージによりリラックス効果も得られるので、ストレスの緩和にも役立つでしょう。

 

このようにあまり体と頭皮ケアは関係がないものと思われがちですが、意外にも影響される部分はたくさんあるのです。

 

体に優しい頭皮ケアを心がけることで、健康につながる場合もあるのでしかり頭皮ケアも取り入れるようにしましょう。

 

脱毛ばかり気にしていれば大きなストレスとなってしまう可能性もあります。

 

ますは髪にも体にも優しいケアを続けて健康な頭皮と髪を手に入れていきましょう。

人気No1↓おすすめ育毛剤