頭皮の加齢臭にケア方法

頭皮から加齢臭!その意外な原因とは?

臭い

頭皮から嫌なにおいがするのは、頭皮の加齢臭が発生してしまっているからかもしれません。
頭皮から加齢臭が発生するという話は聞いたことがない人もいるかもしれませんが、40代になると頭皮のにおいで悩み始める人は多いです。

 

これは、男性だけでなく女性でも起こる可能性があることなので、加齢臭は男性だけが悩むものではないのです。
では、頭皮から加齢臭がする原因は何なのでしょうか?

 

頭皮の嫌なにおいは、頭皮にある皮脂から発生しています。
皮脂に含まれるヘキサデセン酸という成分が分解されることで、頭皮の嫌なにおい、つまり加齢臭が発生してしまうのです。
とはいえ、皮脂は健康的な頭皮を維持していくために大切なものです。
頭皮の加齢臭を防ぐためには、余分に分泌されてしまっている皮脂を減らしていく必要があるのです。

 

また、年齢を重ねるにつれて活性酵素が増加し、皮脂が酸化することでも嫌なにおいが発生します。
40代に入ると活性酵素が増加する傾向にあり、乱れた生活習慣で体にストレスが溜まっている場合も活性酵素が増加します。
そのため、年齢を重ねることに加えて不規則な生活を送りがちになっている人は、頭皮の加齢臭が強くなります。

 

 

女性の加齢臭の正体

 

加齢臭は男性に多いイメージが強いですが、女性でも加齢臭に悩む人は多いです。

加齢臭が発生する原因は皮脂にあると言われており、女性よりも男性のほうが皮脂の分泌量が多いため、男性のほうが加齢臭が発生しやすいの

は確かです。

 

しかし、女性も年齢を重ねるにつれてホルモンバランスが変化していき、皮脂の分泌量を抑えられなくなっていきます。
特に更年期に入ると、皮脂腺の働きをコントロールしていた女性ホルモンが減少するので、女性でも加齢臭が気になりがちになります。
では、加齢に伴って女性ホルモンが減少することで、具体的には皮脂の分泌量にどのような変化が現れるのでしょうか?

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。
体の調子を整え、皮脂腺の働きを主にコントロールしているのはエストロゲンで、若いうちは問題なく分泌されているので嫌なにおいがあまり発生しません。

 

しかし、女性ホルモンの分泌量は加齢に伴って減少していき、更年期を迎えるころには男性ホルモンの割合が多くなります。
男性ホルモンには皮脂の分泌を促す働きがあるので、男性ホルモンの割合が多くなることで嫌なにおいが発生しやすくなってしまうのです。

 

 

男性と女性の加齢臭の違い

 

男性と女性の加齢臭の違いは、においが発生する原因と、においの強さです。
男性は、もともと女性よりも皮脂の分泌量が多いため、加齢臭が発生しやすいです。

 

余分に分泌された皮脂が分解されることで加齢臭が発生しますが、加齢に伴って活性酵素が増加することで、男性の加齢臭はさらに強くなります。
もともと体臭がきつくて悩んでいた男性は、年齢を重ねるにつれてさらににおいがきつくなってしまう可能性があります。
これに対して女性は、女性ホルモンの働きで皮脂の分泌量が抑えられています。

 

そのため、女性ホルモンが正常に分泌されているうちは、それほど体臭が気にならないかもしれません。
女性の加齢臭が気になり始めるのは、30代〜40代の更年期に入るころです。
更年期に入るころには、若いころに比べて女性ホルモンの分泌量が減少しています。
女性ホルモンが減少することで、皮脂腺の働きをコントロールする力が弱まりますし、皮脂の分泌を促す男性ホルモンの割合が多くなってしまいます。
すると、若いころに比べて皮脂の分泌量が増え、女性でも加齢臭が気になり始めるのです。
とはいえ、男性に比べると皮脂の分泌量が多くはないため、女性のほうがにおいが弱い場合が多いです。

 

 

加齢臭が発生しやすい部分

 

女性の加齢臭が発生しやすい部分は、皮脂の分泌量が多いところです。
加齢臭の原因は皮脂の分解・酸化なので、皮脂の分泌量が多い部分から嫌なにおいが発生しやすくなります。
皮脂の分泌量が多い部分は、頭皮・ワキ・背中・耳の後ろなどです。

 

その中でも特ににおいが気になるのは、「頭皮」だと感じている女性が多いのではないでしょうか。
自分が使っている枕のにおいが気になったり、ふとした瞬間に頭皮のにおいが気になることがあるでしょう。

 

頭皮に余分な皮脂が溜まりがちになっていると、毎日きちんとシャンプーをしていても加齢臭が気になることがあります。
頭皮をできるだけ清潔な状態に保ち、皮脂を過剰に分泌させないようなケアをしていくことが大切です。

 

また、ワキや背中に過剰に分泌される皮脂を放置していると、毛穴に皮脂が詰まって肌荒れを起こしてしまう可能性があります。
若いころは綺麗な背中だったのに、気付いたら肌荒れを起こしがちで吹き出物が多い背中になってしまっていたというケースも少なくありません。
加齢臭が発生しないように気を付けることはもちろん、肌荒れを起こさないためにも、皮脂汚れはきちんと落すようにしていきましょう。

 

 

頭皮の加齢臭ケア

 

加齢臭は、男性が悩むものであるというイメージが強いかもしれませんが、女性でも年齢を重ねるにつれて加齢臭が発生してしまうことはあります。

特に、皮脂の分泌量が多い頭皮は加齢臭が発生しやすく、頭皮の嫌なにおいで悩む女性は多いです。

では、頭皮の加齢臭はどのようにケアしていけば良いのでしょうか?

 

頭皮の加齢臭を抑えるためには、まず頭皮の余分な皮脂を取り除かなければなりません。
普段からきちんとシャンプーをしていても頭皮のにおいが消えない人は、シャンプーで余分な皮脂を洗い落とせていないのかもしれません。
現在使っているシャンプーを確認して、必要があれば洗浄力が高めのシャンプーに変えてみても良いでしょう。

 

頭皮のにおい対策用のシャンプーや、皮脂汚れをきちんと洗い落とせる洗浄力が高めのシャンプーなど、さまざまなシャンプーが販売されています。
自分の頭皮に合ったシャンプーを使用することで、頭皮を健康的な状態に導いていき、余分な皮脂によって発生していた加齢臭が治まるでしょう。

 

また、皮脂が過剰に分泌されることを防ぐために、脂分が多い食事を控えるのも効果的です。
油ものをよく好んで食べている人は、食生活を少し改善するだけで、頭皮の加齢臭を抑えていける可能性が高いです。

人気No1↓おすすめ育毛剤