抜け毛の原因

女性の抜け毛の原因

抜け毛に悩まされているのは、男性だけではありません。
最近は女性でも、抜け毛に悩んでいる方はたくさんいます。

 

女性は、男性に比べると抜け毛が生じにくいといわれています。
もともと女性の方が髪の毛は丈夫で、毛の周期が長いからです。

 

そのため女性の薄毛は、男性の様に(部分的にどんどん進行して行きハゲていく」ものではなく「全体的にボリュームがダウンしたり、髪の毛全体の量が減る」ものが多いでしょう。

 

女性の薄毛は、どんなことが原因で起こるのでしょうか?

 

女性の薄毛の原因は、いくつかあります。
男性でも起こりうるものもあれば、女性特有の薄毛の原因もあるでしょう。

 

たとえば、男女ともにありうるのが女性ホルモンの減少です。

 

男女共に、年齢を追うごとに女性ホルモンの量が減り、男性ホルモンが優遇となります。
そのせいで、薄毛が進行する場合があるでしょう。

 

栄養不足やストレスが原因の薄毛も、男女共に起こる可能性がある薄毛の原因です。

 

女性特有の薄毛といえば、妊娠出産をきっかけに起こる薄毛や、いつも同じ位置に髪の毛を結んでいたせいで起こる抜け毛なのではないでしょうか。

 

カラーリングやパーマのし過ぎで起こる薄毛も、男性よりも女性に多い薄毛の原因です。

 

若い女性の抜け毛原因

 

若い女性の抜け毛

 

抜け毛というと、年配の方が悩まされているというイメージが強いでしょう。
しかし最近は、若い女性でも抜け毛薄毛に悩まされている方が増えているといわれています。

 

若い女性の薄毛の原因は、どんなことが多いのでしょうか?

 

特に多いのが、過度なダイエットでしょう。

 

ダイエットにはさまざまな種類があります。
しかし、出来るだけ早く体重を減らしたいからと言って過度な食事制限をしていたり、炭水化物抜きやファスティングダイエット等を頻繁に行っていてはいけません。

 

栄養不足になると、当然髪の毛にも十分な栄養を送ることはできなくなってしまいます。

 

髪の毛は、食品等から栄養を補給し、健康的な髪の毛を作っているのです。

 

そのため、栄養を補給しなければ抜け毛も増えてしまうでしょう。

 

栄養だけではありません。

 

不健康な食生活を送っていると、血流も悪化してしまいます。

 

食事等から摂取した栄養は、血液を通して髪の毛に送られているので、血流が悪化していると髪の毛に充分に栄養を送ることができない状態になってしまうでしょう。

 

髪の毛の為にも、過度なダイエット、過度な食事制限は行わないようにして下さい。

 

 

また、カラーリングやパーマ、間違ったヘアケアのせいで抜け毛が増える女性もいるといわれています。

 

適度なカラーリングやパーマ程度であれば問題ありませんが、過度に行うと頭皮環境も髪の毛も栄養状態が悪化してしまうでしょう。

 

また、自分でカラーリングをすると、美容院で行うよりも髪の毛に負担がかかり抜け毛も増えやすい状態になってしまうといわれています。

 

ヘアケアに気を使うことは良いことですが、髪の毛のことを考えて、髪の毛や頭皮を労わりながら行ってください。

 

髪の毛に良くないこと、といえば、ドライヤーも同じです。

 

ドライヤーの熱は、髪の毛には良くありません。
もちろん乾かさずに眠るのも雑菌を繁殖させるので良くありませんが、ドライヤーの熱を浴びすぎると髪の毛のキューティクルが傷んでしまうのです。

 

ドライヤーを使うときは、タオルドライをして長時間使わないようにしましょう。

 

また、適度に乾いたら冷風で乾かす等、髪の毛に熱を与えすぎないようにすることも大切です。

 

他にも、ホルモンバランスの変化やストレス、睡眠不足等が影響で薄毛が悪化する若い女性は増えています。

 

若いからといって、髪の毛に負担のかかる生活は止めましょう。

 

体に良い生活を送ることで、髪の毛の健康にも繋がるのです。

 

産後の抜け毛

 

産後に抜け毛が増えることを、分娩後脱毛症、もしくは出産後脱毛症と言います。

 

これは、多くの出産経験女性に訪れる現象であり、出産をきっかけに突然発生する脱毛症のことをいいます。

 

これは、出産がきっかけで体が衰えたせいではなく、出産がきっかけでホルモンが変化したせいで起こる脱毛症の一種なのです。

 

 

女性は、妊娠をすると普段よりも女性ホルモンの量がどんどん増えていきます。
出産後期になればなるほどホルモン量は増え、出産前後がピークとなるでしょう。

 

女性ホルモンがたくさん出ている妊娠中は、体に栄養をどんどん蓄えてくれますし、体を健康的な状態へと導いてくれるでしょう。

 

女性ホルモンには2種類ありますが、女性らしい体に成長させるエストロゲンと妊娠を継続させる為に必要なプロゲステロン、どちらも妊娠中にたっぷりと出てきます。

 

普段であれば生理周期を境にエストロゲンとプロゲステロンは交互に分泌されているのですが、妊娠中は健康的な出産をするために同時に増加していくのです。

 

プロゲステロンにはさまざまな働きがあり、体温を上昇させたり毛髪の成長を促進させる働きがあるといわれています。

 

そのためプロゲステロンが活発的な妊娠中は、普段よりも髪の毛が太く健康的になったり、伸びやすくなることも多いのではないでしょうか。

 

普段は抜け落ちるはずの周期でも、プロゲステロンが活発に作用している間はなかなか抜けずに生えつづけています。

 

しかし、出産を迎えるとどんどんプロゲステロンの分泌量は元に戻ってしまうでしょう。

 

そのため、プロゲステロンによって成長し続けていた髪の毛も後退期を迎え、抜け落ちてしまうのです。

 

このせいで、普段よりも抜け毛が多い、急に抜け毛が増えたと感じるのでしょう。

 

産後脱毛症とは、この様な現象から起こる脱毛症なのです。

 

もともと抜けるはずであった髪の毛が妊娠のせいで抜けなくなっただけなので、問題は何もありません。

 

しかし、人によっては急にたくさんの髪の毛が抜けるので、一時的に髪の毛が薄くなってしまうでしょう。

 

ほとんどの産後脱毛症は、産後半年から一年程で戻るといわれています。
特に気にせずに普段通りの生活を続けましょう。

 

けれども、産後の脱毛症から薄毛が改善しない人もいます。

 

これは、ストレスや疲労によって起こる脱毛症でしょう。

 

ただでさえ産後に抜け毛が増えるのに、育児のせいでストレスや疲労が貯まり、髪の毛の栄養状態が悪くなってしまう場合もあります。
産後は脱毛症になりやすい時期なので、注意をして下さい。

 

 

30代後半以降の抜け毛

 

女性の薄毛は、30代後半から進行しやすいといわれています。

 

もちろん20代の人でも薄毛になることはあります。
しかしそれには生活習慣やヘアアレンジ等、自分自身に原因のある薄毛がほとんどでしょう。

 

しかし30代後半の女性の薄毛は、自分ではどうしようもないことが原因の薄毛が多いといわれています。

 

30代後半になると、少しずつ女性ホルモンの量が減少していきます。
これは、更年期や閉経が少しずつ近づいているからでしょう。

 

人によっては、30代後半で閉経を迎える人までいる程です。

 

そのため、30代後半から薄毛も進行するのだといわれています。

 

女性ホルモンは、髪の毛にハリツヤをもたらす作用があります。

 

また、男性よりも女性の方が髪の毛の周期が長いのは、女性ホルモンの量のお蔭でしょう。

 

女性ホルモンの量が減ることで、周期も短くなり、髪の毛が抜けやすい状態になってしまうのです。

 

女性ホルモンだけではなく、体内に栄養不足が原因で薄毛になる場合もあります。

 

年齢を追うごとに、体内に栄養はどんどん減少していきます。
そのため、健康的な髪の毛を維持するのが難しくなってしまうのでしょう。

 

髪の毛の為にも、栄養を補給し健康的な髪の毛を維持する努力をしましょう。

 

抜け毛対策は育毛剤で

 

抜け毛対策 育毛剤

 

女性の薄毛予防方法はたくさんあります。

 

たとえばヘアアレンジの改善です。

 

カラーリングやパーマを頻繁に行っていると、どうしても髪の毛に栄養が不足してしまいます。

 

どうしてもヘアアレンジをしたい場合は、髪の毛に栄養を補いつつ行うようにしましょう。
また、出来るだけ美容室で行い、美容師と相談をしながら髪の毛や頭皮に負担のかからない施術を行うようにして下さい。

 

髪の毛を毎日結んでいる人は、強く結びすぎない、毎日同じ位置で結ぶのをやめることも重要です。

 

 

生活習慣を見直すことも大切です。

 

特に食生活は、髪の毛に強い影響を与えています。
健康的な食生活を送ることで、髪の毛にも栄養を送ることは可能です。

 

そして、睡眠をしっかりととるようにしましょう。
夜きちんと眠ることで、成長ホルモンが分泌され髪の毛の成長を促してくれます。

 

 

しかし、自分自身の努力だけでは薄毛が改善しない場合もあります。
どうしても薄毛が改善しない場合は、育毛剤に頼ってみるのも良いでしょう。

 

一番簡単な改善方法が、育毛剤なのです。

 

最近は女性用の育毛剤もどんどん増えてきています。
自分に合う育毛剤を見つけることで、健康的な髪の毛と頭皮環境を取り戻すことができるのではないでしょうか。

 

こちらを参考にして下さい=おすすめ育毛剤ランキング

人気No1↓おすすめ育毛剤