更年期の抜け毛は早めのケアが大切

放置したら大変なことに!更年期の抜け毛は早めのヘアが大切

イライラ

 

更年期になると体がほてったりだるくなったり、様々な症状に悩まされるようになります。

 

ですが更年期特有の症状や体に感じるものばかりではなく、抜け毛なども更年期には出てくるかもしれない症状の一つでもあるのです。

 

ただ更年期の抜け毛がひどくなってしまうとなかなか簡単には戻すことはできません。

 

毛が抜けてしまうと生えてくるまでに時間もかかりますし、更年期による影響で元に戻るということも難しくなってしまう可能性があるのです。

 

このような状態になってしまう前に、更年期だと感じたり抜け毛が多く薄毛になってきたと感じたら早めに対処することが重要です。

 

すぐにできるケア方法などもありますし、まずは更年期による症状がどのようなものかも含め対処法などを病院で教えてもらうと良いでしょう。

 

更年期の症状は対処してもすぐに効果が現れるものではありません。

 

また更年期の抜け毛はそれ以上に効果がすぐには実感できないものです。

 

まずは自分が更年期でもどのような状態にあるのかなどをしっかり知るために、婦人科などに受診するようにしましょう。

 

症状がはっきり現れてからでは遅い場合もあるということも忘れないようにして、更年期抜け毛には早めに対処できるようにしましょう。

 

 

更年期に髪が抜ける理由

 

更年期には様々な症状が出るため、体にも大きな負担が出てくるようになります。

 

ただそれだけではなく髪の毛にも影響が及ぶ場合もあるのです。

 

特に更年期には髪の毛が抜けやすくなり薄毛になってしまう可能性もあると言われています。

 

その原因は女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうことが関係していると考えられます。

 

毛髪の成長にはエストロゲンが欠かせません。

 

毛髪には成長期野球式など様々な期間があります。

 

この成長期を維持してくれるのがエストロゲンなのですが、更年期に入りエストロゲンが減少することで、成長期の維持が難しくなり期間が短くなった毛髪は休止期に入ってしまうのです。

 

そうなれば全体的に生えている毛髪の量が減ってしまうため薄毛隣、放置してしまうと薄毛もどんどん進んでしまうのです。

 

男性のように剥げたりすることはなくても、髪の毛全体が薄くなるでしょう。

 

また更年期によるエストロゲンの減少の影響だけではなく、更年期による体調不良が原因で起こるストレスでも薄毛が進行してしまう場合もあるのです。

 

ストレスも抜け毛の大きな原因となる場合があるので、更年期だけとは言い切れないこともあります。

 

どちらにせよ更年期がきっかけで薄毛になる可能性もあるので、薄毛の疑いがあるときには更年期やストレスを考慮し対処していきましょう。

 

 

すぐにできるケア方法

 

更年期による薄毛には、早めの対処が重要となります。

 

早く対処するにはすぐにでもできるケア方法を取り入れていかなければなりません。

 

自分でもできる簡単なケア方法で、しっかり対処しましょう。

 

まずは一番簡単な方法はエストロゲンの減少を防ぐことです。

 

防ぐためには増やすという方法を取らなければならないので、エストロゲンと同じ働きをする豆乳などで大豆イソフラボンの摂取をしていきましょう。

 

他にも納豆や味噌に豆腐などで摂取することも可能です。

 

一日に摂取しても良い量が推奨されている200mlを守り摂取していきましょう。

 

他にも頭皮のマッサージなどで頭皮ケアを行うことも重要です。

 

髪の毛の発毛を促進させるためには血行をよくすることも重要です。

 

血行が良くなれば抜け毛の予防にもつながりますし、発毛も促進されていきます。

 

ヘッドスパなどで頭皮の毛穴汚れを取ったりして、髪の毛が生えやすい良い環境を整えてあげることも大切ですね。

 

これらのケアは簡単にすぐできる方法でもあります。

 

手間がかかるわけでもないので、病院へ行くまでにも時間があったり、少しでも薄毛が疑われるときにはすぐ取り入れてみましょう。

 

ケアを始めるのが遅くなってしまうと、その分だけ効果が期待できる時間もかかるようになってしまいます。

 

ちょっとでも気になるときはすぐに取り入れていきましょう。

 

 

更年期の主な症状

 

女性の場合、40代半ばを過ぎる頃から更年期に突入する人も少なくはありません。

 

そして更年期に入ると様々な症状に悩まされることになります。

 

更年期の主な症状には、身体的なものとしてほてりやのぼせ・多汗・めまい・倦怠感・頭痛・むくみ・肥満や抜け毛や薄毛などがあります。

 

また精神的な症状には不安やうつ、イライラや睡眠障害などが挙げられます。

 

ほてりやのぼせは急に出てくる症状なので予測することが難しく、その際にたくさんの汗をかく場合もあるのです。

 

これらの症状が全部出るという人もいれば、一部だけ感じるという人や全く症状を感じないという人もいます。

 

特に多い症状がほてりとのぼせや多汗の他に、薄毛などもよく感じられているそうです。

 

更年期のこれらの症状によりストレスを感じることで薄毛になってしまうという女性も少なくはありません。

 

ほてりやのぼせによる多汗などはよく耳にすることも多いのですが、薄毛に関しては単なる年齢的なものとしてしか周知されていないことも多いので更年期によるものだということに気がつかない女性も多いのです。

 

更年期は加齢によるものでもありますが、抜け毛も更年期の症状の一つかもしれません。

 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら更年期を疑ってみても良いでしょう。

 

 

女性の抜け毛は治りやすい

 

女性は更年期に入ると何かしら更年期障害の症状に悩まされることが多くなります。

 

中でも抜け毛による薄毛もその症状のうちの一つであり、更年期の症状だと気がつかないままでいる女性もいます。

 

ですが更年期による女性の抜け毛はしっかりと対処すれば時間はかかっても治りやすいので、諦める必要はありません。

 

個人差もありますが、それでも原因が更年期だとわかっていれば正しい対処法で治すことができるのです。

 

まず更年期によるものが原因とすればエストロゲンの減少による抜け毛だということもわかります。

 

また更年期ではなく生活習慣が影響して頭皮環境が悪くなっている場合には、生活習慣を見直せば改善されます。

 

ストレスも頭皮環境やホルモンバランスに影響を及ぼすので、できるだけうまく解消できるようにしましょう。

 

女性の場合はこのように女性ホルモンを増やしたり頭皮環境に気遣うことで治すことができます。

 

ですが男性の場合には男性ホルモンが活発に働いて抜け毛が進んでしまうAGAがほとんどでありホルモンを抑えなければ治すことができず女性とは違う治療方法になります。

 

このように女性には生える力を補う治療法が基本となるので、抜け毛も治りやすいのです。

 

個人差はありますが諦めずに原因を突き止めて自分に合った治療を進めていきましょう。

人気No1↓おすすめ育毛剤