頭皮にできたニキビのケア

頭にブツブツ!ニキビや湿疹ができるのはなぜ?

ニキビ

頭皮にニキビのようなブツブツができてしまうと、シャンプーをするときに気になりますし、痒みや痛みを伴うこともあります。
症状が悪化して思わぬ病気を引き起こしてしまうこともあるので、頭皮にブツブツができてしまったときは早めに対処しましょう。
頭皮にブツブツができてしまう原因を知っていれば、いざというときに正しい対処ができるでしょう。

 

頭皮にブツブツができてしまうのは、頭皮環境が健康に保たれていない証拠です。
何らかの原因で頭皮がダメージを受けている可能性が高いので、まずはその原因を探ることから始めてみましょう。

 

頭皮は皮脂の分泌量が多い部分なので、過剰に分泌された皮脂が原因で、頭皮環境を悪化させてしまうケースが多いです。
過剰分泌による余分な皮脂は、毛穴に入り込んで詰まってしまったり、頭皮の常在菌を増加させてしまう原因になります。
健康な頭皮を保つことが難しくなるので、余分な皮脂はきちんと洗い落とすように意識していきましょう。

 

また、毎日きちんとシャンプーをしているのに頭皮にブツブツができてしまう人は、シャンプーが自分の頭皮に合っていないのかもしれません。
効果的なケアをしていくために、自分に合ったシャンプーを選びましょう。

 

 

頭皮のできものの正体

 

頭皮にできるブツブツは、ニキビのように見えることもありますし、複数個のできものができて湿疹のようになることもあります。

このような頭皮のできものは、皮脂の過剰分泌が原因でできてしまうことが多く、フケや痒みなどの症状を伴うこともあります。

 

一度できものが治っても、再び同じようなできものが頭皮にできてしまう場合もあります。
できものの正体を知って正しい対処方法を考えていきましょう。

 

頭皮にできものができてしまったら、「脂漏性皮膚炎」などの頭皮の病気を疑いましょう。
顔にできるニキビと同じようなものだと思ってできものを放置していると、頭皮の状態がどんどん悪化してしまう可能性があります。

 

気になるできものが頭皮にできたら、頭皮を健康な状態に戻していけるようにケアをすることが大切です。
脂漏性皮膚炎は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで頭皮環境が悪化し、ニキビのようなできものや湿疹が起こる病気です。
フケの量が増え、痒みを伴うことも多いです。

 

皮脂の過剰分泌の原因となる油ものを食べることを控えたり、毎日のシャンプーで余分な皮脂をきちんと洗い落とすことで、脂漏性皮膚炎を予防・改善していけます。

 

 

市販の薬

 

頭皮にできてしまったできものは、市販の薬で治せるのでしょうか?
薬局やドラッグストアでは、顔のニキビを治すための薬が売られていますが、頭皮のできものを治すための薬はあまり見掛けません。

 

頭皮のできものが気になったら、自分で選んで購入した市販薬で治そうとするよりも、皮膚科などで医師に相談したほうが良いでしょう。
とはいえ、家事や仕事が忙しくてなかなか通院できない人もいるはずです。
そこで、本来は顔や体に使用する薬ではありますが、頭皮にも使用できると言われている市販薬をいくつか紹介していきます。

 

まず、「オロナインH軟膏」です。
大塚製薬のオロナインH軟膏は、顔だけでなく手や足など体にも使用できるので、持っている人も多いかもしれません。
全身に使用できる軟膏なので、もちろん頭皮に使用しても安全で、主成分である「クロルヘキシジングルコン酸塩液」の効果でできものの炎症を抑えます。
保湿成分も含まれているので、頭皮の乾燥が原因で皮脂の分泌量が増えてしまっている人は、乾燥対策としても効果を期待できます。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソンの「テラ・コートリル軟膏」も、頭皮に使用できると言われています。
ステロイドによる高い抗炎症効果が期待でき、悪化してしまったニキビを治せます。

 

 

シャンプーが原因かも

 

頭皮のできものがなかなか改善されないときは、普段使用しているシャンプーを見直してみましょう。
シャンプーが頭皮に合っていないと、使用するたびに頭皮にダメージを与えてしまう可能性がありますし、きちんと汚れを洗い落とせていない可能性もあります。

 

シャンプーが合っていないことが原因で頭皮環境が悪化し、頭皮にできものができてしまったり、思わぬ病気を発症してしまうかもしれません。
これまでは問題なく使用していたシャンプーでも、自分の体質が変わったことで合わなくなる可能性があるので、今一度シャンプーを見直してみると良いでしょう。

 

シャンプーを選ぶときには、洗浄力が高いものを選ぶのではなく、自分の肌に合うものを選びましょう。
敏感肌・乾燥肌の人が洗浄力の高いシャンプーを使うと、頭皮を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまい、頭皮環境を悪化させてしまう恐れがあります。

 

保湿成分が含まれているシャンプーや、敏感肌の人でも安心して使用できるシャンプーが販売されているので、洗浄力の高さよりもそちらを優先したほうが良いでしょう。

 

逆に、これまで使用していたシャンプーの洗浄力が弱かったために、皮脂汚れを洗い落とせていない人もいるかもしれません。
丁寧なシャンプーを続けているのに、普段から頭皮のベタつきが気になる場合は、高い洗浄力でさっぱりとした洗い心地のシャンプーを選んでみると良いかもしれません。

 

 

頭皮のできものを解消

 

頭皮のできものを解消するために気を付けたいポイントは、「自分に合ったシャンプーを使う」「皮脂の過剰分泌を促すような生活をしない」「頭皮のできものを放置しない」などです。

 

頭皮のできものは、自然に治るのを待っていても良いかもしれませんが、原因を突き止めて対処しなければ再発してしまう可能性が高いです。
症状を悪化させないためにも、できるだけ早めにケアを始めていきましょう。

頭皮のできものは、過剰に分泌された余分な皮脂が原因でできることが多いので、皮脂の分泌量を抑えるような生活をしていくことも大切です。
具体的には、油ものばかりを食べないように気を付けたり、ストレスを溜め込みすぎてホルモンバランスが乱れすぎないように意識するなど、健康的な生活を送るようにします。

 

日ごろから精神的ストレスを感じている人や、夜更かしのしすぎで身体的ストレスを溜め込みがちな人は、ホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌量が増えてしまいます。
一日の中で10分だけでも良いので、自分の好きなことをするリラックスタイムを設けてみましょう。
上手にストレスを発散できるようになることで、ホルモンバランスをコントロールしていけるようになります。
入浴時に湯舟で体を温めるなど、全身の血行促進を意識することも効果的です。

人気No1↓おすすめ育毛剤