頭皮のベタつき

頭皮がべたつく!しっかり洗っても脂っぽいのはなぜ?

シャンプー

 

毎日シャンプーをしていても髪がベタつくと悩んでいる人は少なくありません。

 

その原因となっているのは主に以下のことが考えられます。

 

・頭皮の汚れを落とし切れていない
・皮脂の分泌が多すぎる
・頭皮に栄養を与えすぎている
・湿疹やかぶれなどなど、皮膚のトラブルを抱えている

 

以上のことが考えられます。

 

これらのどれか一つでもあれば、頭皮がべたついてしまうのです。

 

ですので、一つではなく全ての項目を解決するようにしなくてはいけません。

 

 

女性の頭皮の特徴

 

女性の頭皮は男性の頭皮よりも皮脂が少ない傾向にあります。

 

ですから、一般的に男性と比べて乾燥肌ということがいえます。

 

女性の肌のほうがみずみずしく感じるのですが、根っからの保湿ということでは男性のほうが優れているのです。

 

女性の場合は化粧水などを頻繁に使い、化粧をしているのでみずみずしく感じるということですね。

 

女性の場合は、皮膚が弱い場合も多く、男性用のケア商品を使うことで炎症を起こすという人も珍しくありません。

 

これが女性の頭皮の大きな特徴となっているのです。

 

女性はヘアケアをすることが多いので、男性ほど頭皮の悩みは多くはありません。

 

しかし、パーマやカラーリング、白髪染めなどヘアスタイリングやアレンジをする機会が多くあるので、髪のトラブルは多くなっているのです。

 

シャンプーは男性用と違って、爽快感よりも香りや髪の潤いを重視したタイプが多くなっています。

 

シャンプーの種類も多く、低刺激のタイプもあるので男性でも愛用している人も少なくありません。

 

女性は頭皮よりも髪トラブルが心配

 

女性でも薄毛になる人がいます。

 

それは女性ホルモンの減少やストレス、そして加齢、過度のダイエットや出産経験、冷え性や便秘などが関係しているとされています。

 

そのため、若い女性よりも40代・50代の方の女性に薄毛で悩む人が多くなっているのです。

 

 

ベタつきの主な原因

 

脂性肌の女性は、髪がベタつきやすくなります。

 

自分の頭皮に合ったシャンプーを選び、シャンプーを良く泡立てて丁寧に頭皮を洗うことが大切です。

 

一方で、肌のトラブルを抱えている場合は、注意しましょう。

 

頭皮に痛みや、異常を感じたら皮膚科に相談してみてください。

 

石鹸シャンプーでベタつく場合

 

石鹸シャンプーを使っている人でも、水の性質が硬水の場合では、石鹸のカスが髪についてしまってベタつくことがあります。

 

もっとも、日本の水のほとんどは軟水ですから、可能性として覚えておく程度にしましょう。

 

洗髪後はきちんとシャンプーをすすぐようにしましょう。

 

後で行うリンス成分と結合して石鹸カスが髪についてしまい、それがベタつきの原因となるのです。

 

石鹸シャンプーはしっかりと泡立てるようにして、汚れをしっかりと洗い落とすようにしてください。

 

洗い落ちが悪くても、髪がベタつく要因となるのです。

 

シャンプーで解消

 

一般的なシャンプーは洗浄力が強すぎる傾向にあります。

 

そのため、育毛に必要な皮脂まで洗い落としてしまうのです。

 

それがかえって皮脂の分泌を増やしてしまい、髪のベタつきの原因となるのです。

 

アミノ酸シャンプーなど、洗浄力の優しいシャンプーが効果的ですので、変えてみるとよいでしょう。

 

さらに、髪質や肌質に合わないシャンプーを使うと髪がベタつくことが少なくありません。

 

シャンプーを変える際には、お試しパックなどを利用し、自分の髪質に合うかどうかを確かめてから購入しましょう。

 

使用方法としては、まんずはじめに湯船につかって体を温め、毛穴を開かせるようにしましょう。

 

そして、しっかりとお湯で予洗いをするのです。

 

2分以上はシャワーで流して、頭皮マッサージを行いましょう。

 

その後、泡立てたシャンプーで、空気を送り込むように、指の腹で頭皮をマッサージします。

 

そして、頭全体を優しく丁寧に洗いましょう。

 

その時は、下から上に向けて洗髪すると、毛穴の汚れをより良く落とすことができます。

 

毛髪は下向きになっているので、下から上に押し出すように洗った方がより効果的なのです。

 

お湯の温度は、気持ちぬるめが洗浄効果が高くなるのでお勧めです。

 

髪をよく乾かしましょう

 

洗髪後、頭皮がぬれたままでは、雑菌が繁殖してしまい頭皮トラブルを起こすこともあります。

 

雑菌や、頭皮のトラブルが原因で、髪がベタつくようになるのです。

 

髪を洗った後は、ドライヤーでしっかりと頭皮を乾かすようにしましょう。

 

暑い季節でしたら、最後に冷風を当て手乾かすことで、頭皮がさっぱりするでしょう。

 

 

育毛剤で解消

 

自分の頭皮がどうなっているのかご存知でしょうか。

 

自分の頭皮を知ることで、改善も難しいことではありませn。

 

女性の育毛剤選びのポイントとなるのは、頭皮と浸透力なのです。

 

 

頭皮に会う育毛剤を選びたい

 

女性用育毛剤ってどのようなのがあるのでしょうか。

 

女性用育毛剤には、医薬品、医薬部外品、そして化粧品といったように、大きくこの3つに分かれます。

 

医薬品は薬事法によって、その効果や効能が認められたものです。

 

いっぽうで、化粧品は『効果がでます』といったような表現を使うことはできません。

 

医薬品と化粧品の間にあるのが医薬部外品です。

 

医薬品と化粧品の中間に位置しているので、副作用のリスクが比較的少ないタイプとなっています。

 

女性用育毛剤は医薬部外品が多いですから、安心して使うことができるのがメリットですね。

 

女性用の育毛剤は、女性ホルモンを塗る育毛剤、そして血行を促進する育毛剤、さらに毛根に栄養を届ける育毛剤と、大きくこの3つの育毛剤に分かれます

 

一般的に購入できる女性用の育毛剤は、血行促進、あるいは毛根まで栄養を届けるタイプが多くなっています。

 

女性用育毛剤に入っている成分は、以下の通りとなります。

 

・男性ホルモンの分泌を抑制する成分
・血行を促進する成分
・頭皮の保湿を促進する成分
・毛母細胞の活性化を促進する成分
・抗炎症成分

 

といったものが入っています。

 

注意深いのは、各育毛剤メーカーでは、押し出している成分が違うということです。

 

中でも多くの女性用育毛剤に含まれている成分は、センブリエキス、シャクヤクエキス、ミノキシジル、グリセリン、ヒアルロン酸、ヘチマエキス、アロエエキスなどとなっています。

 

 

 

人気No1↓おすすめ育毛剤