頭皮が痛い原因とは?

頭皮が痛い!その原因と対処法

頭痛

 

頭皮といってもその部分は肌です。

 

なので顔と同じくある日突然に何もせずとも、頭皮が痛いという状態が出てくる可能性もあるのです。

 

ではなぜ頭皮が痛くなってしまうのでしょうか。

 

まず一つ目は頭皮のニキビです。

 

脂っこいものや甘いものの食べ過ぎによりニキビができてしまいますが、顔だけではなく頭皮にもできる場合があるのです。

 

またもともと脂が多い体質であったり、シャンプーが残ってしまったらニキビができてしまう場合もあるので注意しなくてはなりません。

 

そのほかには、首や肩の凝り・ストレスなどでも頭皮が痛いと感じる場合があります。

 

肩や首が凝ってくると頭皮まで凝りが広がる場合があります。

 

そのため頭皮に触れた時に痛みを感じる場合があるのです。

 

また頭皮の環境が悪い状態でも痛いと感じることがあります。

 

一番は頭皮の乾燥によるものが痛みにつながることが多いため、フケなどが多く出ていたり、乾燥していると感じたら要注意でしょう。

 

ただ頭皮に痛みの状態によっても原因が違ってくるので、どのような痛みなのかを知ってから対処しなくてはなりません。

 

首や肩のコリだけでも頭皮が痛いと感じる場合には、肩や首などを十分にマッサージしたり頭皮のコリをほぐしたりしていくようにしましょう。

 

 

頭皮がヒリヒリ傷む原因

 

触ってもいないのに頭皮がヒリヒリと感じることがあれば、それは頭皮が乾燥していたり炎症を起こしているサインです。

 

頭皮も肌と同じものなので、乾燥や炎症を起こす場合もあります。

 

髪の毛が生えている部分だからといって、他とは違う特別なものということはありません。

 

毛穴がたくさんある場所なので頭皮の環境が悪ければ炎症だって起きやすくなります。

 

また頭皮が良くべたついているので、乾燥には縁がないと思っている方もいるかもしれません。

 

ですが頭皮があまりにもべたついているときは実は乾燥しているサインでもあるのです。

 

ただ皮脂分泌が多いという場合もありますが、乾燥して入れば皮脂分泌も過剰になります。

 

ヒリヒリと痛くなる前にかゆみなどがあれば、乾燥を疑った方が良いでしょう。

 

そして皮脂分泌が過剰であれば毛穴も皮脂で詰まりやすくなってしまうため、ニキビなどの炎症が起きる確率も高くなります。

 

ほかにも乾燥がきっかけとなりかぶれができてしまうとひどくなってしまえば炎症が起きてしまいヒリヒリと痛み出します。

 

乾燥や炎症は頭皮の肌のバリア機能も落ちているので、ひどくなりやすくなる可能性もあります。

 

できるだけヒリヒリと痛むようなことがあったり、違和感を感じたら頭皮環境をチェックし改善できるようにしましょう。

 

 

頭皮を押すと痛い原因

 

何気なく頭皮を触ったり押した時に痛みが出たら、何らかのトラブルが起きていると考えられます。

 

また痛みの種類によってその原因は変わってくるのです。

 

頭皮を押した時にズキズキと痛む場合には後頭神経痛が疑われます。

 

後頭神経痛は肩こりや首のコリ、ストレスなどが原因で神経が圧迫され起こる痛みです。

 

緊張状態にある筋肉が硬くなることで神経を圧迫してしまうことが原因です。

 

また頭皮を押した時にぶつけた覚えもないのに打ち身を触った時のような痛みを感じる場合は頭皮のコリが疑われます。

 

肩こりのように頭皮がこる、というわけではなく頭皮の下にある頭の筋肉がこっている状態ということです。

 

頭皮の下の筋肉も首や肩のコリに加えストレスが原因で硬くなり、触った時に痛みが出てしまうのです。

 

どちらの痛みを感じたとしても、主な原因はかたや首のコリ、ストレスです。

 

ストレス解消や首や肩のコリを上手に解消できるように対策する必要があります。

 

特にストレスはコリの原因となりやすいので、溜め込んでしまうのは危険です。

 

ストレスや首や肩のコリはストレッチや少しの運動で解消できる場合もあります。

 

痛みをできるだけ引き起こさないためにも、原因であるコリやストレスを解消できるような対策に努めましょう。

 

 

髪を引っ張られたような痛みの原因

 

髪の毛が引っかかっているわけでもなく、引っ張られているということもないのになぜか痛むという状態は頭皮神経痛の可能性があります。

 

炎症とはまた違うなぜか引っ張られたような感覚に伴う痛みというのは、放っておくと更にひどくなり何もしていなくてもジンジンと痛むようになる場合もあるのです。

 

この頭皮神経痛の原因はストレスや疲労、そして季節の変わり目やかたや首のコリが考えられます。

 

また頭皮神経痛は後頭神経痛とも呼ばれています。

 

何もしていなくても痛む・髪の毛を触ると更に痛みがひどくなる、という症状があり、原因を解消しなければ治ってからも再発する可能性があるのです。

 

ただ原因がストレスや肩・首などのコリだけであれば解消すると症状も治りますが、他の病気が原因という可能性もあるので注意が必要です。

 

特に似た症状で起こる病気には、脳梗塞・椎骨脳底動脈解離性動脈瘤・脳腫瘍などがあります。

 

これらの病気も頭皮神経痛と同じような痛みが出る場合もあるので十分に注意する必要があります。

 

痛みが感じられた時は自己判断では見極められない場合もあるので、できれば病院で診断してもらいましょう。

 

痛み一つで様々な病気が疑われることもあるので、たかが髪の毛を引っ張られたような痛みだと流してしまわずにしっかり診断を受けるようにしましょう。

 

 

痛みを軽減するためには頭皮ケアが大切

 

頭皮が痛む原因には様々なものがありますが、大半の原因となるのがストレスであったり肩や首のコリである場合が多くあります。

 

他の怖い病気も考えられる可能性もありますが、そうでなければ日常生活にも支障が出てくるのでしっかりと対処していく必要があります。

 

一番は頭皮のコリをほぐすことが重要となります。

 

肩や首のコリの他にストレスの解消を進めながら、同時に頭皮のマッサージを行って頭のコリもほぐれるようにしましょう。

 

また乾燥や炎症を防ぐためにも頭皮環境を整える必要があります。

 

普段使用しているシャンプーやコンディショナーが頭皮に良いものか、自分の頭皮にはあっているのか見直すことから始めていきましょう。

 

マッサージも血行を良くしてくれるため、頭皮環境を整えるにはとても良いケアです。

 

これらのケアが痛みを軽減させるためには重要なポイントとなりとても大切なものなので、できるだけ取り入れるようにしましょう。

 

たった少しのケアでも劇的に痛みが改善される場合もあります。

 

個人差もありますがやはり痛みは日常生活にも大きな影響をもたらすものです。

 

少しでも良いのでちょっとずつだけでも頭皮ケアを進めて、健康で痛みのない頭皮を手に入れられるようにしましょう。

人気No1↓おすすめ育毛剤