頭皮の臭い

頭皮の臭い、主な原因

自分の頭皮の臭い、気にしたことがありますか?

 

自分自身では気づきにくい部分ではありますが、他人からは頭皮の臭いは意外に気になるものです。

 

頭皮の臭いが悪化するのは、大きく分けて頭皮からと毛髪からの2つの原因があります。

 

 

頭皮には皮脂腺と汗腺が多く存在しています。
体の中でも特に多い部分でしょう。

 

そのため、頭皮は臭いが強くなりやすいと言われている部分なのです。

 

通常時であれば、頭皮は適度な油分でおおわれているので皮脂状態も正常といえるでしょう。

 

頭皮の毛穴には常にいくつかの菌が存在していますが、皮脂膜があるお蔭で菌が繁殖するのを防いでくるのです。

 

しかし、皮脂分泌が過剰になったり、逆に乾燥したりすると、菌がどんどん繁殖してしまい過酸化脂質特有の香りが漂うでしょう。

 

 

次に、毛髪が原因の場合です。

 

髪の毛は、通常時であればキューティクルという膜で覆われています。

 

しかし、カラーリングやパーマを繰り返すことでキューティクルが剥がれ、においの成分が髪の毛に入り込みやすい状態になってしまうのです。

 

そのせいで、煙草の煙や外部の悪臭等、さまざまな臭いが付くやすくなってしまうでしょう。

 

 

これらは、何が原因で起こる現象なのでしょうか。

 

頭皮の雑菌は、髪の毛を乾かさずに眠ると増えるといわれています。

 

洗髪後、通常であればドライヤーで髪の毛をしっかりと乾かすでしょう。

 

髪の毛の量が少ない人は、タオルで拭いただけでも十分乾くかもしれません。

 

しかし、髪の毛が乾いていないのにそのままの状態しておくと、どんどん頭皮に雑菌が繁殖してしまい、腐ったようなにおいになってしまうでしょう。

 

きちんとドライヤーで乾かすことは、とても大切です。

 

また、寝具のせいで雑菌が繁殖し臭う可能性もあります。

 

枕カバーには汗や整髪料などさまざまなものが染み込んでいます。

 

髪の毛を乾かさないで眠ると水分も含んでしまうでしょう。

 

枕カバーを定期的に洗わなければ、どんどん雑菌が繁殖してしまうのです。

 

また、まくらカバーが汚れていると肌荒れも起きてしまいます。

 

 

髪の毛が傷んで臭いがするという人は、キューティクルを補修することが大切です。

 

傷んでいる髪の毛を放置していてはいけません。

 

トリートメントやオイルで補修をするだけでもキューティクルを改善し、質の良い髪の毛を取り戻すことは可能です。

 

キューティクルが死んでいると、臭いだけではなく薄毛も進行してしまうでしょう。

 

 

この様に、意外に身近なところに臭いの原因は潜んでいます。

 

男性と女性は匂いの原因が違う?

 

男性と女性では、髪の毛の悪臭の原因が違うといわれています。

 

まず、男性に頭皮の臭いで多いのが、油分です。

 

男性は女性に比べると油分が多く、特に頭皮は油分が多くなりやすい部分だといわれています。

 

頭皮に油分が多い男性は、においも強くなりやすいでしょう。

 

 

逆に女性は、頭皮の乾燥が原因で臭いが起きやすいといわれています。

 

頭皮が乾燥していると、乾燥を改善する為に油分が多く分泌されてしまい、においが生じやすい状態となってしまうでしょう。

 

また、乾燥していても匂いが起きやすいといわれています。

 

若い女性の場合は、過度のカラーリングやパーマのせいで髪が傷み、においが生じるともいわれています。

 

ヘアアレンジをすることは良いことではありますが、キューティクルのケアをしながら行いましょう。

 

 

そして、ワックスやケア製品を付け過ぎて臭いが起こる場合もあるのです。

 

女性は髪の毛にワックスやスプレーなどをつかいセットしている方も多いでしょう。

 

しかしこれらの臭いが混ざり過ぎて悪臭を招く場合があります。

 

もちろん香水の香り等が混ざってもさらに悪化してしまうでしょう。

 

男性でも整髪料を付け過ぎて臭いが強くなる方はいますが、女性の方が整髪料による悪臭は多いように感じます。

 

育毛はまずシャンプーにこだわる

 

頭皮の臭いが気になり始めたら、まずはシャンプーで改善をするようにしましょう。

 

洗髪をすることで、頭皮の臭いを改善することができます。
しかし、正しく洗わなければ臭いが改善しないどころか悪化してします場合もあるでしょう。

 

どうすれば、シャンプーで匂いが改善するのでしょうか。

 

まず、洗髪は夜が基本です。
臭いが気になって朝にも夜にも洗いたい人もいるかもしれませんが、洗い過ぎも匂いの原因になってしまう可能性があります。

 

朝に洗うと頭皮に全く油分がない状態となり、逆に負担が掛かる可能性があります。

 

また、夜皮脂や汗で汚れたまま眠ると眠っている間に頭皮に雑菌などが繁殖して匂いが悪化する可能性があります。

 

特に、整髪剤などをつけたままだと危険です。
髪の毛の為にも、夜に綺麗に洗ってから眠るようにしましょう。

 

洗う回数は、出来れば毎日洗うようにしましょう。
一日一度、多過ぎても少なすぎてもおすすめできません。

 

しかし、人によっては洗い過ぎると頭皮が傷んでしまう可能性があります。
繊細な頭皮の方は、髪の毛に優しい低刺激のシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

また、油分の多い方はスカルプ系のシャンプーを、乾燥肌の人やアミノ酸系や馬油系等皮膚に優しいシャンプーを使うようにして下さい。

 

髪の毛を洗うときは、まずしっかりとお湯ですすぎましょう。

 

実は、シャンプーをつける前の濯ぎで髪の毛の汚れの7割程を落とし切ることができます。

 

しっかりと全体を濡らしたら、次はシャンプーを付けましょう。

 

シャンプーは直接髪の毛につけずに、手である程度泡立ててから頭に付けてください。

 

髪の毛に付けた後は、擦らずに指の腹で丁寧に泡立てましょう。

 

髪の毛を洗うときは、髪の毛ではなく頭皮を中心に洗うようにして下さい。
また、頭皮全体をくまなくマッサージをするようにしましょう。

 

全体が洗い終わったら、丁寧にすすいでください。
シャンプーで一番大切なのは、丁寧なすすぎです。

 

その後コンディショナーやトリートメントを行う場合でも、しっかりとすすいで頭皮に洗髪剤が残らないように中尉をしましょう。

 

シャンプー後は、しっかりとタオルドライをしてからドライヤーを掛けて下さい。

 

ドライヤーは頭皮に負担がかかりますが、濡れたまま放置する方が頭皮に負担が掛かってしまうのです。

 

髪の毛の為にも、ドライヤーの時間を短くする為にきちんとタオルドライをしましょう。

 

しっかりと乾かして眠ることで、カビ等の繁殖を防げます。

 

育毛剤は頭皮の匂いケアにも最適

 

頭皮の臭いが気になる人におすすめしたいのが、育毛剤です。
実は、育毛剤を使うことで頭皮の臭いを改善することができるかも知れません。

 

女性の頭皮の臭いは、乾燥が原因の場合が多いでしょう。

 

頭皮が乾燥していると、そこからフケが発症したり雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

 

また、頭皮の乾燥が原因の臭いは、次第に抜け毛増殖を招いてしまう可能性があるのです。

 

そんな頭皮の乾燥を抑えることができるのが、育毛剤です。

 

女性用の育毛剤には、保湿効果の高いものが多いでしょう。

 

頭皮を適度に保湿してくれるので、頭皮環境を改善し、乾燥からくる臭いを軽減してくれます。

 

女性用育毛剤は香りにこだわった商品も多く、強すぎ時、適度な香りを引き起こしてくれるのではないでしょうか。

 

また、頭皮の臭いは栄養不足から起こる可能性もあります。
育毛剤を使い頭皮環境を改善すれば、においの問題も改善するでしょう。

 

頭皮の臭いが悪いと、薄毛が生じる可能性があります。

 

事前に育毛剤を使ってケアをすることで、臭いはもちろん今後の薄毛も対策をすることができるのです。

 

臭いが気になる人は、まずは気軽な気持ちで育毛剤を使い始めて見ては如何でしょうか。

 

頭皮環境を改善することは、におい対策でとても大切なことなのです。

人気No1↓おすすめ育毛剤